中大連勝!プロ注目強肩捕手・古賀が先制V撃「主将として勢いをつくろうと思った」

[ 2021年4月1日 05:30 ]

東都大学野球第1週最終日   中大4ー2立正大 ( 2021年3月31日    神宮 )

<立正大・中大>初回1死満塁、適時打を放つ中大・古賀
Photo By スポニチ

 2回戦2試合が行われ、中大はプロ注目の古賀悠斗捕手(4年)の先制打から勢いづいて序盤に4得点。継投策で逃げ切り、開幕から2連勝を飾った。

 主将として何をすべきか。5番・古賀の狙いは明確だった。先制点でチームを勢いに乗せる。そのことだけに打席で集中した。

 「主将としてチームの勢いをつくろうと思って打った。打ったのはスライダーです」

 初回1死満塁。フルカウントから少し詰まった。でも、強い責任感が打球を右前まで運んだ。打線は、続く6番・中前の左犠飛で加点すると、2回にも2点を加えた。序盤の4得点は、古賀主将の一打が口火だった。

 捕手としても強肩が売りの今秋のドラフト候補。守っては2回2死一塁から二盗を阻止し、4投手を好リードした。「主将になったからにはチーム最優先」という男が、牧(現DeNA)、五十幡(現日本ハム)ら昨年の主軸が抜けたチームを開幕2連勝へ導いた。(秋村 誠人)

 ▼立正大・坂田精二郎監督(開幕戦の大敗が尾を引いて序盤に4失点)守りからリズムをつくりたかったが、チームとしてまだメンタルが弱いと実感させられた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月1日のニュース