巨人・井納、移籍初登板は屈辱のプロ最短1回0/3KO…原監督「調整不足」2軍で再調整決定

[ 2021年4月1日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3ー5中日 ( 2021年3月31日    バンテリンD )

<中・巨>2回途中、降板となり、桑田投手チーフコーチ補佐(左)にボールを手渡し、深く息をつく井納(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 FA移籍後初登板だった巨人・井納はプロ最短1回0/3で4失点降板。「先制した直後に追いつかれてしまい、先発の役割を果たせずに申し訳ない気持ちでいっぱいです。自分の投球ができなかったことが悔しい」と振り返り、試合後に2軍での再調整が決まった。

 力みから直球がコースに決まらず、武器のフォークも生きない。初回に3点の援護をもらいながら、直後にふいにした。先頭から4連打などで3失点。高めに浮いた直球を狙われ、変化球も内角に投げきれなかった。

 2回先頭に二塁打を浴び、交代を告げた原監督は「調整不足かな。あれだけポンポンポンポン(打たれる)というのはね」と指摘した。代役にはドラフト1位・平内、畠が候補に挙がる。(神田 佑)

 ▼巨人・ウィーラー(初回に1号先制2ラン)梶谷がいい形で出塁してくれたので、つなぐ意識で入った。いい感触で捉えて、いい打席になってよかった。

 ▼巨人・中島(初回に中越え適時二塁打)いい流れを切らないようにと思っていた。積極的に打ちにいく中で、ボールを見極める打席ができた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月1日のニュース