西武ドラ6、ブランドン大河が仮契約 憧れの同郷・山川と昨年大みそかに運命的出会い 約束も果たした

[ 2020年11月26日 15:11 ]

西武ドラフト6位、東農大北海道オホーツクのブランドンは住宅街を見下ろす東農大アカデミアセンターの一室でガッツポーズ
Photo By スポニチ

 西武にドラフト6位指名された東農大北海道オホーツクのタイシンガー・ブランドン大河内野手(22)が26日、東京の東農大世田谷キャンパスで契約金3000万円、年俸700万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。沖縄出身で、憧れの選手は同郷の主砲・山川。「ご縁があって西武さんに入団できる。打撃に関しては聞けることは全て聞いて、吸収したい。一緒に山賊打線を組めるぐらい成長したい」と語った。

 その山川と運命的な出会いがあったという。北海道から里帰りしていた昨年の大みそか。宜野湾コンベンションセンターで行われたカウントダウンライブを見に行ったところ、偶然、山川と中日・又吉の姿を見つけた。

 「トイレ休憩の時、たまたまそこにいて…。山川さんですか?と一ファンとして声をかけた。周東(ソフトバンク)さんがその年の侍ジャパンで活躍していたので、同じ大学ですと自己紹介した」

 山川に「頑張ってプロに行きます」と誓うと「頑張って、来いよ」と励まされた。コロナ禍で北海道六大学リーグも春季が中止されたが、秋には5季連続首位打者を獲得。山川との約束を果たし、同じユニホームに袖を通すことになった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月26日のニュース