中日 2年目・垣越と1年目・竹内に戦力外通告 けがの治療で育成選手として再契約の方針

[ 2020年11月26日 20:44 ]

中日の垣越
Photo By スポニチ

 中日の加藤宏幸球団代表は26日、垣越建伸投手(20)と竹内龍臣投手(18)に戦力外通告を行ったことを明かした。育成選手として再契約する方針。

 両投手は今季、故障のため2軍の公式戦でも登板がなく、加藤代表は「けががあって、試合で投げられない状態。じっくり時間をかけてやり直そうということで、育成として再契約したい」と説明した。

 垣越は山梨学院から18年ドラフト5位で入団。中学時代は根尾と飛騨高山ボーイズのチームメートだった。

 竹内は札幌創成から19年ドラフト6位で入団。1年目の今季は肘のけがで1、2軍を通じて公式戦で登板できなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月26日のニュース