中日・三ツ間 減額制限いっぱいの25%ダウン 同期の福が刺激に「僕も最優秀救援獲りたい」

[ 2020年11月26日 18:57 ]

減額制限いっぱいの25%ダウンとなった中日・三ツ間
Photo By スポニチ

 中日の三ツ間卓也投手(28)が26日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、減額制限いっぱいの25%ダウンとなる400万円減の年俸1200万円でサインした。(金額は全て推定)

 今季は春季キャンプ中に肋骨を疲労骨折。春先につまずくと、開幕を2軍で迎え、18年に並ぶ自己最少の4試合登板にとどまり、防御率20・77。不安定な成績でブルペンを支えることができなかった。

 「今年にかける気持ちが強かったんですが、オフから練習もトレーニングも追い込み、過度になってオーバーワークでキャンプ中にけがをし、出はなをくじかれ、シーズンも焦って思うような結果が出なかった」と反省。「焦って結果を求め過ぎてしまった。焦りが自分の行動に出てしまった。100%に戻るとこまでなかなか来ず、もっともっとというのが力みやフォームの崩れにつながった」と自己分析した。

 今季は同期入団で同学年の福が勝利の方程式の一角として最優秀中継ぎのタイトルを獲得。「チームメートなのでタイトルを獲ったことはうれしいが、自分が活躍してなんぼ。来シーズンは僕が最優秀救援投手を獲りたい」と宣言。「しっかり休むことにも時間を割いて、100%でシーズンを迎え、1年間戦いを終えてタイトルを獲りたいです」と力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月26日のニュース