東尾修氏 岡本は力負け 巨人打線は振り切る力が必要

[ 2020年11月26日 06:00 ]

SMBC日本シリーズ2020第4戦   ソフトバンク4―1巨人 ( 2020年11月25日    ペイペイD )

表彰されるソフトバンクナインを見つめる原監督ら巨人ナイン (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 【東尾修氏 シリーズ大分析3】4年連続の日本一を成し遂げた工藤ソフトバンク。盟主・巨人をシリーズ史上初となる2年連続の4連勝で下し、スポニチ本紙評論家の東尾修氏(70)は「盟主交代」と位置付けた。その圧倒的な強さを1980年代から90年代前半にかけ、黄金時代と呼ばれた西武に匹敵すると断言。当時、現役で活躍した東尾氏は両球団のスカウティングや戦力構成の共通点も挙げ、巨人との力の違いを指摘した。

  巨人の主砲・岡本は4試合で13打数1安打の打率・077。この日も1、2打席目は直球で押し込まれて空振り三振に倒れるなど、ソフトバンク投手陣の質の高いボールに振り負け、ついていくのが精いっぱいだった。パワー系の投手に圧倒されたことで、今後の野球への取り組み方すら変わるのではないか。それほど衝撃的だったはずだ。

 ソフトバンク、そしてパ・リーグに対抗するためには、もっと強く振り切ることがチーム全体として必要。9番打者の甲斐でさえ、フルスイングで2本塁打を放った。その姿を見て巨人は、そして他のセ・リーグのチームはどう思ったか。あと2カ月あまりで来春のキャンプを迎える。練習方法、取り組み方…。セ・リーグの野球が変わるのか。エポックメーキングといえる日本シリーズだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月26日のニュース