日本製鉄鹿島・生田目が同点弾 兄は日本ハム・生田目

[ 2020年11月26日 05:30 ]

都市対抗野球第4日・1回戦   日本製鉄鹿島6―7三菱重工広島 ( 2020年11月25日    東京D )

<日本製鉄鹿島・三菱重工広島>4回無死、左越えソロを放った日本製鉄鹿島・生田目(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 日本ハム・生田目の3学年下の弟・日本製鉄鹿島の忍外野手は「6番・DH」で出場。4回に一時は同点の左越えソロなど4打数2安打1打点だった。

 大会前には兄からLINEで「とにかく楽しんでこい」というメッセージが届き、初めての東京ドームでの一発。「入って良かった。来年は打撃も守備も磨いて(4番の)高畠さんを追い越したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月26日のニュース