×

日本新薬4年ぶり初戦突破 ドラフト指名漏れの福永 意地の先制2ラン

[ 2020年11月26日 05:30 ]

都市対抗野球第4日・1回戦   日本新薬2―1TDK ( 2020年11月25日    東京D )

<日本新薬・TDK>6回1死一塁、左越え2ランを放った日本新薬・福永はナインの出迎えを受ける(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本新薬身上の守り勝つ野球を体現しての4年ぶり初戦突破に、今季から指揮を執る松村聡監督は「都市対抗で一つ勝つ難しさを感じました」と笑顔だった。

 6回1死一塁、4番・福永が左越えに先制2ランを放つと、3投手の継投で反撃を1点に抑えた。俊足巧打が持ち味の福永は、今秋ドラフト候補に挙がりながらも指名漏れ。「悔しい気持ちもあって、すぐには切り替えられなかったが、都市対抗で悔しさを晴らすしかない。来年につなげるためにも爪痕を残さないと」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月26日のニュース