広島 K・ジョンソン&ピレラの退団決定 スコットとは来季も再契約

[ 2020年11月26日 12:09 ]

<広・神24>引退セレモニーを終えジョンソンと抱き合う石原慶 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島は26日、6年間在籍したクリス・ジョンソン投手(36)、今季から新加入したホセ・ピレラ外野手(31)と、来季の契約を結ばないことを発表した。

 ジョンソンは15年に広島に入団。1年目に14勝7敗、防御率1.85で最優秀防御率を獲得すると、16年には15勝7敗で沢村賞を獲得するなど、5年間で通算57勝を挙げた。だが、今季は開幕から不調で10試合に登板したものの、0勝7敗。来日初の未勝利に終わっていた。11日に米国へ帰国の途に就いた際には「6年間温かい声援をありがとう。今年、残念なパフォーマンスになったことは相当後悔している」と話していた。

 また、ピレラは今季99試合に出場。打率.266、11本塁打、34打点だった。

 広島は同時に、今季から加入したテイラー・スコット投手(28)と来季の契約を結んだことも発表した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月26日のニュース