大島康徳さん「こんなこと…許されていいのでしょうか?」ブログに届いた心ないコメントに怒りと悲しみ

[ 2020年11月26日 16:37 ]

元プロ野球選手の大島康徳氏
Photo By スポニチ

 ステージ4の大腸がんを公表している元日本ハム監督で野球解説者の大島康徳さん(70)が26日、自身のブログを更新。コメント欄に寄せられた心ないメッセージを公開し、怒りと悲しみをにじませた。

 「ブログを更新しようと思って、たまたま見てしまったので…腹水?誰が?誰がそんなこと言ったんですか?」と書き出した大島さん。「同じ病」との投稿者名で届いた「腹水溜まって大変な中、明るく更新してありがとう!残された僅かな時間でも、明るく生きてくださいね」と最後に音符マークが付いているメッセージを公開し「同じ病い?本当?同じ思いを背負っている人は、その家族はこんなこと絶対にしません。あなたは、誰?」と投稿者に問いかけた。

 その上で「こういうコメントが来ても『放っておけばいい』『黙って削除すればいい』と言う方が多いです。それも一つの方法とは思いますが…世の中には言っていいことと悪いことがある。私は黙認できません」と自身の考えを披露。「事実ではないことを書き込まれ、それが公開されてしまったならば私は否定しなければなりません。腹水はたまっていません!こんなこと…許されていいのでしょうか?本当に悔しいです。悲しいです」と続けた。

 大島さんは2017年2月にステージ4の大腸がんを患っていることを公表。仕事をしながら闘病を続けている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年11月26日のニュース