阪神・大山が2試合連続の一発&サンズも2号で打線爆発

[ 2020年7月5日 15:11 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2020年7月5日    マツダ )

<広・神>5回1死一塁、大山は左越えに2ランを放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の大山が2試合連続の一発で仕事を果たした。3点リードの5回1死一塁で迎えた第2打席に広島・遠藤のカーブを捉えて左中間に飛び込む今季2号2ラン。前日4日にマルテの負傷で途中出場して今季1号を放ち、この日は4番でスタメン出場し、勢いそのままに快音を響かせた。

 さらに2死走者なしからサンズも左中間へ今季2号ソロ。3回のボーアの満塁弾を含め一発攻勢でリードを広げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月5日のニュース