中日 A・マルティネスが来日初安打 球団初の外国人捕手スタメン出場

[ 2020年7月5日 14:30 ]

セ・リーグ   中日―巨人 ( 2020年7月5日    東京D )

<巨・中3>2回2死、プロ初安打となる左前打を放つA・マルティネス(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 中日のアリエル・マルティネス捕手(24)が来日初安打を放った。

 「8番・捕手」で球団の外国人史上初めて助っ人がスタメンマスクをかぶると、2回2死走者なしから、サンチェスの152キロ直球を左前へ。待望の初安打に一塁ベース上で笑みを浮かべた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月5日のニュース