DeNA・オースティン 2試合ぶりスタメン 左大腿部の張りほぼ完治

[ 2020年7月5日 16:38 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2020年7月5日    神宮 )

DeNA・オースティン(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAの新助っ人オースティンが、2試合ぶりにスタメン出場。「3番・右翼」でオーダーに入った。

 オースティンは前日の試合前に左大腿部の張りを訴え、ヤクルト戦でスタメン落ち。9回に代打で登場したが申告敬遠だった。

 ラミレス監督はこの日の試合前「(患部は)ほぼ完治に近いし、本人もプレーしたがっていたが、念のためにラインアップから外した。無理して悪くなるのが怖い」と話していた。

 日中の雨で人工芝が滑りやすくなっていたが、天候の回復により出場に至った模様だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月5日のニュース