ヤクルト・山田哲、初の三盗マーク 村上と重盗仕掛け成功

[ 2020年7月5日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト10―8DeNA ( 2020年7月4日    神宮 )

<ヤ・D2>7回、三盗に成功した山田哲(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・山田哲が通算172個目の盗塁で初の三盗をマークした。7回2死一、二塁の場面で一塁走者・村上と重盗を仕掛け成功した。投手の悪送球もあり、そのまま生還した。

 高津監督は「本塁打もあったが、走塁やバントなどサイン通り行うことができた。選手がやるべき事を理解して攻撃できた」と小技を絡めた攻撃にも手応えを示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月5日のニュース