中日 A・マルティネスは「8番・捕手」 29年ぶりの外国人スタメンマスク 

[ 2020年7月5日 13:27 ]

セ・リーグ   中日―巨人 ( 2020年7月5日    東京D )

中日のA・マルティネス
Photo By スポニチ

 中日のアリエル・マルティネス捕手(24)が来日初の先発出場を決めた。「8番・捕手」でスタメンマスクをかぶる。

 今月1日に支配下選手となったばかりのA・マルティネスは3日に初昇格すると、前日4日の巨人戦で6回からマスクをかぶり外国人捕手としては00年ディンゴ以来、20年ぶりに出場した。

 先発マスクに限れば外国人捕手では91年ディアズ(ロッテ)が6が12日のオリックス戦(川崎)に出場して以来、29年ぶりとなる。

 また、溝脇が「1番・二塁」で今季初めて先発出場する。

 中日のスタメンは以下の通り
 (1)二 溝脇
 (2)中 大島
 (3)左 福田
 (4)一 ビシエド
 (5)三 高橋
 (6)右 平田
 (7)遊 京田
 (8)捕 A・マルティネス
 (9)投 梅津

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月5日のニュース