ロッテ カード負け越し首位陥落 井口監督、3回の逸機悔やむ「先、先に行かないと」

[ 2020年7月5日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―3楽天 ( 2020年7月4日    楽天生命パーク宮城 )

<楽・ロ5>降雨コールドで楽天に敗れ、丹波球審(右)と言葉を交わす井口監督(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 ロッテは今カード1勝4敗で6連戦の負け越しが決定し、首位から陥落した。同点の3回1死満塁でマーティン、中村奨が倒れると、直後に先発・種市が浅村に決勝ソロを浴びた。7回裏終了降雨コールドとなり、井口監督は「(雨だったし)先、先に行かないといけない。満塁のチャンスを生かせないとこういう結果になる」と悔やんだ。

 一方、中断中に内野に防水シートが敷かれていなかった点には「最善を尽くしてくれなかった」と審判団に苦言も呈していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月5日のニュース