楽天・石橋 6回2安打1失点の好投、今季初勝利の権利持って降板

[ 2020年7月5日 15:30 ]

パ・リーグ   楽天―ロッテ ( 2020年7月5日    楽天生命パーク )

<楽・ロ>楽天先発・石橋(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 楽天の石橋良太投手(29)が5日、ロッテ戦(楽天生命パーク)に先発登板。6回2安打1失点と好投し、今季初勝利の権利を持ってマウンドを降りた。

 自身2連敗で迎えた今季3度目の先発。初回に1死三塁から3番・清田に中前適時打を浴びて先制点を与えた。

 それでも、2、3、4回と3者凡退で終えて立ち直った石橋。5回は2つの四球を出すも後続を打ち取った。すると、直後の5回に味方打線が浅村の3ランで勝ち越し。援護を受けて、6回は3人でピシャリと抑えた。

 石橋は7回から救援陣に託して降板。6回で75球を投げ、2安打1失点、2四球、1奪三振だった。

 石橋は白星を挙げれば昨年9月22日の西武戦以来となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月5日のニュース