西武ドラ8岸を出場選手登録、イースタンで3割超え 昇格連絡に「手が震えた」

[ 2020年7月5日 16:39 ]

 NPB(日本野球機構)は5日、同日の出場選手登録、同抹消を公示した。西武では、ドラフト8位の新人・岸潤一郎外野手(四国・徳島)が登録され、金子侑司外野手が抹消された。金子の登録抹消理由は、球団は首の痛みと発表。岸はイースタン・リーグで8試合16打数5安打1打点1本塁打で打率・313だった。「4日の夜に1軍昇格の連絡を受け、(携帯)電話を持っている手が震えた」などと話している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月5日のニュース