巨人・亀井 代打で復帰、適時内野安打 通算1000安打まであと1本

[ 2020年7月5日 19:29 ]

セ・リーグ   巨人4―6中日 ( 2020年7月5日    東京D )

<巨・中>8回2死一、三塁、代打で登場し、適時内野安打を放つ亀井(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 2日のDeNA戦(東京ドーム)で右肘付近に死球を受け、途中交代した亀井善行外野手(37)が代打で出場し、実戦復帰した。

 2点を追う8回2死一、三塁の場面で打席へ。R・マルティネスの外角チェンジアップを遊撃に打ち、適時内野安打とした。原監督は「ああいう場面でヒット。たいしたものですね」と感心。1点差に追い上げる一打で、通算1000安打まで残り1本となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月5日のニュース