八女農がリーグ戦初勝利 先発・小野が投打で躍動「あせらないことを意識した」

[ 2020年7月5日 14:54 ]

筑後地区高等学校野球大会 予選リーグ   八女農7―3朝倉 ( 2020年7月5日    久留米球場 )

<八女農・朝倉>5回に適時三塁打を放ち、喜ぶ小野
Photo By スポニチ

 八女農が3点差を逆転し、リーグ戦初勝利を飾った。

 先発の小野晃太郎(3年)が投打に渡る活躍だった。3回に同点の左越え二塁打を放つと、5回には右越えの適時三塁打で追加点をもたらした。投げても5回3失点と粘りのピッチングで役割を全うした。「自分で取られた分を取り返せて良かった。先制点は取られたけど、あせらないことを意識した」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月5日のニュース