西武・小川打たれて痛い逆転負け…平井、ギャレット温存

[ 2020年7月5日 05:30 ]

パ・リーグ   西武3―4オリックス ( 2020年7月4日    メットライフD )

<西・オ>8回、吉田正に逆転右越え2ランを打たれた小川(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は継投策が実らず逆転負けを喫した。2点リードの8回に1点差とされ、なお1死一塁で登板した小川が4日連続の対戦となった吉田正に逆転2ランを被弾。「たとえ同じ打者でもそこで抑えるのが僕の仕事。配球については考えなくてはならない」と反省した。

 「勝利の方程式」の平井、ギャレットの3連投を避けた辻監督は「台所事情。無理はさせられない。3連戦、3連戦ではなく、6連戦は何か違う。改めて難しい」と吐露。5日の同戦で2カード連続の6連戦勝ち越しを狙う。

 ▼西武・松本(白星ならずも7回5安打1失点)アウトを一つずつ、しっかり取っていこうという気持ちがいい結果につながった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月5日のニュース