柳川 コールド発進、先発・沖が圧巻10K 盛監督「しっかり投げてくれた」

[ 2020年7月5日 19:12 ]

筑後地区高等学校野球大会予選リーグF   柳川13―0久留米筑水 ( 2020年7月5日    久留米球場 )

<柳川・久留米筑水>好投した柳川・沖
Photo By スポニチ

 柳川の今夏初戦は6回コールドの圧勝だった。先発の沖槙之助(しんのすけ)投手(3年)が6者連続三振を奪うなど、5回2安打10奪三振を奪う好投。「緊張はなかった。みんなで楽しんでやろうと思いました」と汗をぬぐった。盛浩太監督も「しっかり投げてくれて、安心して見ることができた」と目を細めた。

 新型コロナウイルスの影響で4月5日から5月25日までチームは練習ができなかった。4地区に分かれた独自大会の開催が決まり、沖は「みんなのモチベーションは上がっています。悔いの残らない戦いをして、優勝したいです」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月5日のニュース