中日 主砲・ビシエドの2発含む3安打4打点でG倒 巨人は今季2度目の4連勝ならず

[ 2020年7月5日 17:47 ]

セ・リーグ   中日6―4巨人 ( 2020年7月5日    東京D )

<巨・中>5回2死一塁 左越え2ランを放つビシエド(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 中日が主砲・ビシエドの2発を含む4打点の活躍で首位・巨人に6―4で勝利を収め、連敗を2で止めた。巨人は先発サンチェスが序盤につかまり、追撃も及ばず。今季2度目の4連勝を逃している。

 中日は2回2死から、来日初スタメンで8番に入ったA・マルティネスと9番・梅津のバッテリーが連打を放って一、三塁のチャンスをつくり、溝脇の右中間三塁打で2点を先制。3回には先頭の福田が左中間二塁打を放ってサンチェスを降板に追い込むと、代わった堀岡から主砲・ビシエドが中前適時打を放ってリードを3点に広げた。

 3―2と1点差に詰め寄られて迎えた5回には2死一塁からビシエドが3番手・宮国の投じた内角高め直球を左翼スタンド上段に叩き込む4号2ラン。先発投手の梅津は3回に若林の打球がワンバウンドしてから右スネ付近に当たるアクシデントを乗り越えて6回5安打3失点で踏ん張ると、8回に3番手のR・マルティネスが打たれて1点差にされた直後の9回にはビシエドがこの日2本目となる5号ソロを右中間スタンドに叩き込んで突き放した。

 巨人は来日初登板から3戦3勝を目指して先発したサンチェスが3回途中6安打3失点で降板。0―3で迎えた3回には1死満塁から前日6打点の丸が左翼線に2点適時二塁打を放ち1点差としたが、5回に宮国がビシエドに2ランを被弾。6回に中島の左越え2号で1点、8回には代打・亀井の適時内野安打で1点を返したが、1点ビハインドの状況で9回に登板した守護神デラロサがビシエドに手痛い1発を浴びた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月5日のニュース