大分高野連、県独自の大会を開催 新型コロナの状況が悪化していないことが前提

[ 2020年6月3日 14:35 ]

 大分県高等学校野球連盟は3日、臨時役員会を開き新型コロナウイルス感染症の状況が悪化していないことを前提に、硬式、軟式ともに県独自の大会を開催すると発表した。

 硬式は当初の日程を1週間延期し、7月14日に開幕。会場は別大興産スタジアム。トーナメント方式で1回戦から決勝戦まで実施。原則無観客試合で開催する。ただし、ベンチ入りしない指導者・選手・マネジャー、及び特定の保護者の入場を許可する。

 軟式は7月18日に開幕。大分スポーツ公園昭和電工スタジアムで行う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月3日のニュース