日本ハム・上沢 「緊張」350日ぶりの登板で2回4安打2失点「直球は悪くなかった」

[ 2020年6月3日 05:30 ]

練習試合   日本ハム5―5ロッテ ( 2020年6月2日    ZOZOマリン )

<ロ・日>日本ハム先発の上沢(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 昨年6月18日のDeNA戦で左膝に打球を受け、左膝蓋(しつがい)骨を骨折した日本ハムの上沢が、350日ぶりに対外試合に登板した。先発として2回4安打2失点。「緊張感は少しあった」としたが、最速は144キロをマークし「思っていたより普通に投げられた。直球自体はそこまで悪くなかった」と振り返った。

 栗山監督は「個人的には“帰ってきたな”という感じ。良かった」とうれしそうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月3日のニュース