中日・井領 直球捉えて会心ソロ弾「速いストレートを打てて良かった」

[ 2020年6月3日 17:23 ]

練習試合   ヤクルト3―5中日 ( 2020年6月3日    神宮 )

練習試合<ヤ・中>9回無死、井領が右越えにホームランを放ちベンチでエアタッチ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 中日・井領が会心の一発を放った。9回に先頭で梅野の145キロ直球を右翼席へ運び「実戦が空いているので、まずはストレートをしっかり捉えられるように意識しているので、速いストレートを打てて良かったです」とうなずいた。

 6回の第1打席でも五十嵐から右翼ポール際へ大飛球。惜しくも切れてファウルとなり、この打席は三飛に凡退したが、調子の良さをアピールした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月3日のニュース