ソフトバンク 久々の対面取材 開幕に向け、工藤監督の顔つきにも変化

[ 2020年6月3日 09:30 ]

<オ・ソ>試合終了もエアータッチで密を避ける栗原(中)らソフトバンクナイン(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 プロ野球の開幕日が6月19日に決まり、2日からは各地で無観客による練習試合が始まった。ソフトバンクナインは1日に福岡から新幹線で大阪入り。通常の移動は各自が都合のいい時間に合わせて移動していたが、新型コロナウイルス感染防止策の一環で、全員がまとまって新幹線に乗り込んだ。遠征先では選手たちは基本的にホテルで過ごすことになる。工藤監督は「(感染者を)絶対に出さないという思いでやっていきたい」と最善の対策を徹底するとした。

 2日の試合前練習。京セラドームでまずはオリックスが打撃練習を行い、その後にソフトバンク。通常の公式戦ではビジターチームの打撃練習中に開場されるため、危険防止の観点からフリー打撃は1カ所で行われる。現在は無観客のため、ビジターチームも2箇所で快音を響かせた。そして、本来なら再びホームチームのシートノックとなるが、この日はソフトバンク→オリックスの順番で行われた。対戦チーム同士の接触を避けるには、こちらの方がいいだろう。

 試合後にはカメラマン席の横で、一定の距離を取った上で工藤監督、選手が報道陣の取材に対応した。全体練習が行われた3月30日のペイペイドーム以来の対面取材に、工藤監督も「みなさんとこうやって話すのも久しぶりですね」と、これまでのオンライン取材とは違った顔つきに見えた。ナイターで試合を見るのも3月以来で新鮮だった。後は無事に開幕を迎え、シーズンが終えられることを願いたい。(記者コラム・川島 毅洋)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月3日のニュース