阪神・糸井 2戦連続タイムリー「しっかりコンディション上げていかないと」

[ 2020年6月3日 15:38 ]

練習試合   阪神―広島 ( 2020年6月3日    甲子園 )

<練習試合 神・広>5回2死二、三塁、糸井は中前に同点2点適時打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島との練習試合に「1番DH」で先発出場した阪神・糸井が、2試合連続適時打となる2点打を放ち、存在感を示した。

 2点を追う5回2死二、三塁。相手2番手・中田が投じた7球目、外角低めのフォークを中前へはじき返した。前日の同カードでも適時打を放った背番号7は「結果うんぬんより打席の中でいろいろ試したり、試合前、試合後の練習も含めて短い時間の中でしっかりコンディションを上げていかなければいけない」と意気込んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月3日のニュース