日本高野連・小倉事務局長 地方の独自大会のサポートを約束 甲子園使用については言及避ける

[ 2020年6月3日 14:51 ]

甲子園球場
Photo By スポニチ

 日本高野連の小倉好正事務局長(62)が3日、大阪市内で審議小委員会後に報道陣に対応。地方の独自大会について「日々相談をさせていただいている。我々はそれを後方支援して、お手伝いさせていただく」と各都道府県高野連を全力でサポートしていく考えを示した。

 また、夏の選手権が中止となったことを受け、大阪府の吉村洋文知事(44)が甲子園での近畿大会開催などを働きかけていく姿勢を示し、阪神の谷本修球団本部長(55)も「せっかくの聖地なんで、可能な限り有効活用したいとは思っています」と呼応していることについて、小倉事務局長は谷本氏から連絡があったことを明かしたが「それ以上は…。その辺はご勘弁ください」と具体的なことには言及を避けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月3日のニュース