ジーター氏「厳罰で対応を」Aロッド「背を向けないで」 黒人男性暴行死事件に意見表明

[ 2020年6月3日 05:30 ]

デレク・ジーター氏(AP)
Photo By AP

 米ミネソタ州で黒人男性が白人警官の暴行で死亡した事件で、大リーグのレジェンドたちもツイッターで人種差別に反対する意見を表明した。

 マーリンズで最高経営責任者(CEO)を務める元ヤンキース主将のデレク・ジーター氏(45)は「有色人種の間であまりにも多く起こっている話。人種差別に終止符を打ち、厳しい罰で対応する時が来た」。

 同じく元ヤ軍のアレックス・ロドリゲス氏(44)も「人種差別に背を向けないでほしい。変えられないとは思ってはいけない」と訴えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月3日のニュース