阪神・ガンケルが好投 4回2安打無失点 開幕ローテ入りへ一歩前進

[ 2020年6月3日 14:54 ]

<練習試合 神・広>阪神先発・ガンケルのピッチング (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神・ガンケルが3日、甲子園球場で行われた広島との練習試合に先発し、4回2安打無失点と好投した。この日の最速150キロ、常時140キロ台後半を計測した直球は球威抜群で、140キロ台前半のカットボールも切れた。その2球種を主体とし、広島打線に凡打の山を築かせた。

 名誉挽回のマウンドとなった。5月29日の紅白戦では2回3失点と精彩を欠いた。そこで1日の投手指名練習では福原投手コーチと話し合いながらフォーム修正に努め、「下半身の使い方だったり、体の回転の仕方だったり、米国ではあまり教わったことのないような体の使い方だった。参考にしていきたい」と手応えをつかんでいた。この日の好投により、開幕先発ローテーション入りへ一歩前進した格好だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月3日のニュース