坂本と大城は「微陽性」 専門家が見解「感染から回復後、かなりの時間経過」 早期合流目指す

[ 2020年6月3日 18:49 ]

巨人・坂本勇人内野手(左)と大城卓三捕手
Photo By スポニチ

 巨人は3日、坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。

 球団によると、全選手や監督、コーチ、スタッフに希望を募った上で、希望者全員に都内の大学医学部の研究に参加する形で、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査を実施。5月29日から31日に希望者全員218人の採血を行い、選手とスタッフの計4人から新型コロナウイルスの感染後に回復したことを示す抗体が確認された。

 慎重を期すため専門家指導の下、都内の医療機関に協力を依頼し、2日夕方にPCR検査を4人に実施。3日午前に2選手の陽性判定が明らかになった。

 坂本と大城について、新型コロナウイルスの遺伝子量(CT値)は微量で、正常値ぎりぎりの「微陽性」にあたる上、ともに回復を示すIgG抗体を持っていることから、専門家からは2選手とも感染から回復した後、かなりの時間がたっているとの見解を得ているため、明日以降、管轄の保健所の指導に従って入院した医療機関において、PCR検査を連日実施し、陰性が確認でき次第、早期にチーム合流することを目指すとしている。

 2選手は3月下旬以降、体調に問題なく、味覚・嗅覚の異常もなし。検査前から2週間前までさかのぼった行動を確認したところ、坂本は5月29日に友人と昼食をとった以外、大城は同28日にチームメート2人と2時間、夕食をとった以外、外食も夜の外出も一切していなかった。

 ▼専門家チーム座長の賀来満夫・東北医科薬科大特任教授の話「抗体検査でIgG抗体が確認されていることから、2名の選手とも感染から回復して、かなりの時間がたったと思われる。よって他人に感染させるリスクは高くないと推察されるが、感染防止に努めるという判断に立って練習試合を中止し、濃厚接触者を特定してPCR検査を実施するという慎重な判断は支持したい」

 ▼専門家チームメンバーで政府の専門家会議の委員も務める舘田一博・東邦大医学部教授の話「PCR検査結果からは、ウイルスの遺伝子量がかなり少ないと考えられる。一方で、念には念を入れて入院待機をさせるという球団の判断は妥当。今回の検査によって、抗体検査をウイルス・キャリアのスクリーニングに応用できる可能性が示唆された。抗体検査でスクリーニングし、陽性者に対してのPCR検査を実施するという対応も考えてよいのではないか」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月3日のニュース