MLB シーズン50試合案検討 年俸削減のため…選手会と溝深く

[ 2020年6月3日 05:30 ]

大リーグの開幕を巡る動き
Photo By スポニチ

 大リーグ機構(MLB)が7月開幕でレギュラーシーズンを50試合ほど実施する新たな案を検討していると1日(日本時間2日)、スポーツ専門局ESPNが報じた。選手会に求められた「試合数に比例した年俸」を実現するため、従来の82試合案から大幅短縮。本来の年俸から約7割もの減額となり、当面は選手会に提示せず最終手段とするという。

 両者は無観客試合の解釈の違いを発端に対立。MLBは先月26日に高額年俸選手ほど減俸幅が大きい修正案を提出した。AP通信によると減俸は53~77%に及ぶ。選手会は削減幅を約3割にとどめることを目指し、同31日に114試合案を対案に提示。今回50試合案が表面化し、双方の溝がより鮮明になった。

 当面想定される無観客試合ではMLBにとって総収入の4割減少となる。より多く試合をしたい選手会とより少なくしたい経営陣の交渉は、出口が見えないまま。6月末~7月上旬に開幕するための6月第1週というデッドラインが迫る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月3日のニュース