阪神ドラ1・西純 悔しい同点打浴び「シュートした球が多かった」

[ 2020年6月3日 05:30 ]

2軍練習試合   阪神1-1ソフトバンク ( 2020年6月2日    鳴尾浜 )

8回に登板し、1回1失点の投球内容の西純
Photo By 代表撮影

 阪神ドラフト1位の西純は2日の2軍練習試合・ソフトバンク戦の1―0の8回に登板し、同点打を浴びた。

 チーム活動再開後の初登板を「2試合しか投げていなかったけど、試合感覚を取り戻すことを意識しました」と振り返り、「シュートした球が多かったので次に向けて修正していかないと」と課題を挙げた。2死二塁から真砂に左前適時打を許したが、この回先頭の野村には146キロ直球で空振り三振。今後は先発でも起用される見込みだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月3日のニュース