阪神ドラ2・井上 あと少しでサヨナラ弾…ヒーロー逃すも「スイングも打球の上がり方も悪くなかった」

[ 2020年6月3日 05:30 ]

2軍練習試合   阪神1-1ソフトバンク ( 2020年6月2日    鳴尾浜 )

4回無死、中前安打を放つ井上
Photo By 代表撮影

 阪神ドラフト2位の井上は2日の2軍練習試合・ソフトバンク戦(鳴尾浜)で4番を任され4回先頭の第2打席で中前打すると、1―1の9回にはあと少しでサヨナラ本塁打という大飛球を放った。

 ソフトバンクの育成右腕・重田の3球目をとらえた打球は左中間最深部へ。最低でもフェンス直撃かと思われたが、左翼・柳町のジャンピングキャッチに阻まれた。ヒーローにはなり損ねたが「同点の最終回だったので、思い切って振っていこうと思ってああいう結果になった。スイングも打球の上がり方も悪くなかった」と手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月3日のニュース