鶴岡東 41年ぶりの出場で初8強狙う 打線の破壊力は十分

[ 2020年1月25日 05:30 ]

第92回選抜高校野球大会出場校発表

 鶴岡東(山形)は41年ぶりの出場で、春夏通じて同校初の8強を狙う。主将の鈴木(2年)は「あまり喜びすぎずにしっかりプレーできたら」と冷静に意気込みを示した。秋の公式戦8試合で87得点と打線の破壊力は十分。昨夏の甲子園を経験した1番・山路(2年)は「投手陣が投げやすいように声掛けを大事にしていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月25日のニュース