中日新外国人が初練習 ゴンサレス「準備万端に近い」、シエラはビシエドと旧交温める

[ 2020年1月25日 17:19 ]

アルモンテ(右)、京田(中央)に歓迎を受けた中日の新外国人モイセ・シエラ
Photo By スポニチ

 前日に来日した中日の新外国人、ルイス・ゴンサレス投手(27)、モイセ・シエラ外野手(31)がナゴヤ球場で初練習。長旅の疲れも見せず、ゴンサレスはキャッチボールなどで、シエラはビシエドやアルモンテらとティー打撃などで軽く汗を流した。

 昨季、最優秀中継ぎ投手のタイトル獲得も退団したジョエリー・ロドリゲス投手の穴を埋める活躍が期待されるゴンサレスは「春季キャンプに向けて準備万端に近い調整ができている」と自信。シエラは14年にホワイトソックスで同僚だったビシエドと旧交を温め「日本人はアメリカ人とはメカニックが違い、変化球をよく投げ、コントロールがいい。100%の力を出せるようにしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月25日のニュース