阪神ドラ3・及川 2大“増量”計画!「回転数アップ」「体作り」に意欲

[ 2020年1月25日 05:30 ]

福本氏(右)の「熱血!タイガース党」に出演し「矢野監督は怖い」の質問にバツの札を上げる及川(左)と西純(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 育成を含む今季の新人8選手はそろって安芸キャンプでの2軍スタートが正式に決まり、ドラフト3位・及川雅貴投手(18=横浜)は(1)回転数増(2)体重増の2つをテーマに掲げた。

 「トラックマンが入ると聞いているので、回転数をアップして球の質を上げていきたい。ウエートもしっかりして体作りをして、増量していきたい」

 高性能弾道測定器「トラックマン」は高校2年冬と3年春の2度計測した経験を持ち、最高2399回転(毎分)を記録したという。一般的に2200回転を超えれば一流と言われ、素養は十分。2軍キャンプでは今春初めてトラックマンが導入されるため、さらなる数値の上積みで球質の向上を期した。

 体重は現在73キロから5キロほどの増量を計画。新人合同自主トレでは連日のウエートトレーニングで全身の強化に励んでいて、「めちゃくちゃ力が弱いので」と引き続き安芸でも体作りに努める考えだ。「順調にきていますし、ブルペンはまだ入っていないんですけど、キャッチボールでの指先の感覚はいいです」。目的を明確にして臨むプロ選手として初めてのキャンプ。約1カ月後にどんな成長を遂げるのか、今から楽しみだ。(長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月25日のニュース