帝京 無念の落選…前田監督 夏へ「この悔しさで飛躍してほしい」

[ 2020年1月25日 05:30 ]

第92回選抜高校野球大会出場校発表

練習する選手を背に報道陣に対応する帝京高校・前田監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 帝京(東京)の前田三夫監督は、無念の落選を静かに受け止めた。11年夏以来の甲子園は成らず「今日は何も言わず、このまま練習させます」。あえて選考結果を告げず、選手たちは黙々と練習を続けた。全国区の強豪校も甲子園から遠ざかること9年。長いブランクで「選手たちは舞台慣れしていない。去年の秋の(東京大会)決勝も硬くなって力を出し切れなかった」。技術と体力以上に心の強さを課題に挙げ「この悔しさで飛躍してほしい」と夏を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月25日のニュース