県岐阜商・鍛治舎監督 守道先輩の「墓前にいいニュースを届けたい」

[ 2020年1月25日 05:30 ]

第92回選抜高校野球大会出場校発表

センバツ出場を決め、歓喜にわく県岐阜商ナイン(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 秀岳館(熊本)を春夏4度、甲子園に導いた県岐阜商(岐阜)・鍛治舎巧監督も、初めて母校を聖地に導いた感慨が言葉にこもった。「やはり特別ですね。選手はみんな後輩ですし、身の引き締まる思い」。名門再建を託され、18年3月に就任。長年親しまれたユニホームも青と黄色を用いた新しいデザインに一新した。17日に、OBで元中日監督の高木守道氏(享年78)が死去。指揮官は「目標は全国制覇。墓前にいいニュースを届けたい」と天国の大先輩に誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月25日のニュース