創成館 2年ぶり春切符“代名詞”投手リレーで決勝目指す!

[ 2020年1月25日 05:30 ]

第92回選抜高校野球大会出場校発表

センバツ出場が決定し喜ぶ創成館ナイン
Photo By スポニチ

 体育館で全校生徒が見守る中、連絡を受けた創成館(長崎)の奥田修史校長が出場決定を知らせると、くす球が割られた。選手たちは喜びを爆発。会場は祝福の大歓声に包まれた。

 奥田校長が「おめでとう。甲子園では創成館らしくノビノビと楽しんでプレーして」とエールを送ると、稙田龍生監督は「2年ぶりの甲子園が決まりホッとしている」と笑顔を見せた。そして「現3年生の悔しい思いも甲子園に持って行く。令和初のセンバツ。記憶に残るような素晴らしい試合をしたい」と意気込みを語った。

 上原主将は緊張した面持ちで「幼い頃からの夢だった甲子園出場が決まりうれしく思う」と感無量の表情であいさつ。「持ち味の粘り強さを甲子園でも発揮して、一戦一戦全力で戦っていく」と力強く話した。

 昨秋は長崎大会から9試合全て継投で勝利。代名詞の投手リレーは健在で、計1失策の堅守を誇る。指揮官は「機動力もあるので足を使った攻撃をしたい」と話し、「伸びしろしかないチーム」とひと冬を越しての選手たちの成長に自信をみせた。

 センバツでの目標は川原陸(阪神)ら強力な投手陣を擁し、ベスト8入りした2年前を上回る成績だ。上原主将は「新人戦は2回戦負け。力がないところから始まった。まだ先を見て戦えるチームじゃない」と話すも「接戦で勝ち上がっていきたい」ときっぱり。聖地で旋風を起こすことを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月25日のニュース