広島・正随 飛距離アップに手ごたえ 中田先輩の“金言”「いかに力を抜くか…」でひらめき

[ 2020年1月25日 05:30 ]

右の長距離砲として飛躍が期待される正随
Photo By スポニチ

 広島・正随が大阪市内で実施した日本ハム・中田との合同自主トレで飛距離アップに手応えをつかんだことを明かした。大阪桐蔭の7学年先輩の中田から誘いを受けて実現。6日に合流して20日に打ち上げるまで師事し、「自分は力で飛ばそうとしていたけど、いかに力を抜くか…という話をしてもらった」と金言を授かった。

 中田と同じ右の長距離砲。大卒1年目の昨季は1軍出場がかなわなかった一方、2軍で6本塁打した非凡な打力で春季キャンプの1軍スタートが決まった。ウエートトレを継続して体重は4キロ増の100キロに到達。「秋季キャンプで飛距離はアピールできたけど、確率が悪かった。自主トレの前よりかは少しずつレベルアップできて自信もついた」とうなずいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月25日のニュース