DeNA 新ビジターユニホーム発表、4種類の青色で無限に広がる可能性表現

[ 2020年1月25日 18:00 ]

DeNAの新ビジターユニホームに袖を通しガッツポーズする新主将の佐野(左)とラミレス監督(撮影・木村揚輔)
Photo By スポニチ

 DeNAは25日、2020年シーズンの新ビジターユニホームを発表した。

 コンセプトは「より青く、より強く」。カラーは球団のメインカラーである「横浜ブルー」を中心に、港町・横浜の海のように鮮やかな4種類の青色を使い、全て青色で構成。さらに上部へ大きく広がる「ストライプ」の動きを加えることで、選手の力強さを引き立て、無限に広がる可能性を表現した。

 なお「横浜に根付き、横浜と共に歩む」という思いを胸に刻むため、2016年シーズンからビジターユニホームに加わった「YOKOHAMA」のロゴは継承し、本拠地・横浜の誇りを胸に戦っていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月25日のニュース