e日本シリーズ 巨人が初優勝、ロッテ下し2代目王者 舘野主将がMVP

[ 2020年1月25日 20:55 ]

初の日本一を喜ぶ巨人の選手(C)Nippon Professional Baseball / (C)Konami Digital Entertainment
Photo By 提供写真

 日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントが共催する「eBASEBALL プロリーグ」の「SMBC e日本シリーズ」が25日、東京都中央区の「esports銀座studio」で行われ、巨人がロッテを下して初優勝を飾った。

 リーグ2位から勝ち上がった巨人は、第1戦を3―1で勝利。第2戦は延長10回、6―3で競り勝って2勝0敗とし、3試合制のシリーズを制して2代目王者となった。

 キャプテンの舘野弘樹主将は、本塁打と打点の2冠に加えてMVPにも輝き「チームメイトが毎朝毎晩、練習に付き合ってくれたこと、そして球団関係者の方々がプレー以外の面で支えてくれたことで、最後まで良い成績を残せたのだと思います。本当にうれしい」と喜んだ。


 この日は元ヤクルト監督で「eBASEBALL応援監督」の真中満氏や斉藤和巳、G・G・佐藤、岩村明憲の各氏がゲスト解説を務めるなど、華やかなムードの中で熱戦が繰り広げられた。真中氏は「2年目の今季を振り返ると、会場に足を運んでくれるお客様がプレイヤーと一緒になって一喜一憂しながら盛り上がっている雰囲気が非常に良かったです」などとコメントした。

 「eBASEBALL プロリーグ」はゲームソフト「実況パワフルプロ野球」を使用したeスポーツの大会で、今年で2度目。来季の開催も決定し、斉藤惇コミッショナーは「こうした取り組みに我々も強い手応え、大きな可能性を感じている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月25日のニュース