DバックスからFAの平野 移籍先マリナーズが最有力 オリ以来の抑え起用も

[ 2020年1月25日 05:30 ]

FAの平野佳寿投手(AP)
Photo By AP

 マリナーズがダイヤモンドバックスからFAの平野佳寿投手(35)の獲得を目指していることが23日(日本時間24日)、分かった。

 ジェリー・ディポトGMが同日、記者会見で「キャンプインまでに先発、救援投手いずれかを2人ほど補強したい」と語り、複数の球団関係者がその候補に平野が入っていることを認めた。

 メジャー関係者によると、ここまで7、8球団が獲得に興味を示してきたが、2、3球団に絞られ、マ軍が最有力候補に挙がっているという。平野はメジャー2年目だった昨季は62試合に登板して5勝5敗1セーブ、防御率4・75。前年から防御率は下げたが2年連続60試合以上登板を果たした。

 マ軍は昨年12月のウインターミーティングでも熱心にアプローチ。平野も重要な場面での登板機会を求めていた。移籍が実現すればオリックス時代以来の抑えを任される可能性もある。菊池との日本投手リレーにも注目が集まりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月25日のニュース