阪神 1軍キャンプメンバー44選手を発表 新戦力ボーアや書類送検された守屋の名前も

[ 2020年1月25日 05:30 ]

コーチ会議を終え寮を出る矢野監督(撮影・平嶋 理子)                              
Photo By スポニチ

 阪神は兵庫県西宮市内で合同スタッフ会議を開き、沖縄県宜野座村で行う1軍キャンプのメンバー44選手を発表。主砲として期待される新戦力のボーアや不振が長引いている藤浪、傷害の疑いで書類送検された守屋らが入った。

 ドラフト1位の西純(創志学園)らルーキーは育成を含めた全8選手は2軍スタート。矢野監督は「まずはしっかり慣れて、プロでやっていく土台をつくってもらうことが大事」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月25日のニュース