巨人3軍VS沖縄・琉球 2・29沖縄セルラーで開催

[ 2020年1月25日 05:30 ]

 巨人の3軍と沖縄初のプロ野球球団・琉球ブルーオーシャンズが2月29日に試合を行うことが24日、決まった。会場は沖縄セルラーで、宮崎でキャンプを張る巨人3軍が同地を訪れる。

 琉球は初代監督を元ロッテ投手の清水直行氏(44)が務める新球団。昨年、元ヤクルトで沖縄出身の比屋根渉外野手(32)第1号選手として入団して話題を集めた。独立リーグに所属せず、今季から国内のプロ球団の2・3軍や台湾のチームなどと試合を重ねながらNPB参入を目指す。

 琉球は25日に八重瀬町東風平運動公園でキャンプインし、本格的に始動する。「沖縄の地をリスペクトし、県民と共に歩み、共に繁栄する」というチーム理念を掲げる同球団にとって、2月29日は初シーズンのオープニングゲームだ。2011年から沖縄で1軍キャンプを張ってきた巨人が、同地の野球振興に一役買うことになった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月25日のニュース