東海大相模 2年ぶりセンバツに門馬監督「ベストを尽くせるよう練習」

[ 2020年1月24日 20:01 ]

第92回選抜高校野球大会出場校発表

センバツ出場が決まり喜ぶ東海大相模の選手たち(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 東海大相模(神奈川)が24日、第92回選抜高校野球大会の出場を決めた。2年ぶり11度目の出場。門馬監督は「残る時間が一日、一日迫っている。(開幕の)3月19日にベストを尽くせるように毎日の練習をしっかりと積み重ねていきたい」と意気込んだ。

 秋は神奈川県大会を制し、関東大会では4強に進出。主将の山村は「自分たちは優勝しか狙っていない。甲子園の借りは甲子園で返すしかない」と16強で敗退した昨夏甲子園のリベンジを誓った。秋に4番も担った西川は「日本一になるチャンスが来た。どれだけ成長したか出す舞台。気を引き締めてやっていけたら」と力を込めた。11年以来の優勝を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月24日のニュース