西武 源田、母校大分商センバツ出場にエール「全力で思い切ったプレーを」

[ 2020年1月24日 19:04 ]

甲子園出場が決まり指を立て喜ぶ大分商の選手たち(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 西武・源田壮亮内野手が、母校・大分商のセンバツ甲子園出場を喜んだ。

 球団を通じて「出場おめでとうございます。23年ぶり6度目ということで、大変うれしく思います」とコメント。

 自身は10年度卒だが、甲子園出場は果たせなかった。大舞台に臨む後輩に「いつも支えてくれる周りの方に感謝して、全力で思い切ったプレーをしてほしいと思います」とエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月24日のニュース