西武 高橋朋、母校加藤学園のセンバツ初出場に「気負わず精いっぱいプレーしてほしい」

[ 2020年1月24日 19:19 ]

西武の高橋朋
Photo By スポニチ

 西武の育成選手である高橋朋己投手が、母校・加藤学園(静岡)のセンバツ甲子園出場を喜んだ。

 球団を通じて「母校の甲子園初出場を聞き、すごくうれしかったです。東海地区大会もチェックしていましたが、“今年はいけるんじゃないか”と思っていました」とコメント。

 自身は06年度卒。後輩がうれしい初出場を果たし「甲子園に出る高校は名門ばかり。初出場なので、気負わず精いっぱいプレーしてほしいです!」とエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月24日のニュース